コンテンツ

ダイナトロン 709 ソラリス

 

赤外線・超音波・電気 複合型治療器

 

1台で赤外線治療、超音波治療、7種類の電気刺激治療が同時に行えるコンビネーション治療器。

ダイナトロンシリーズの超音波の特徴

マイクロプロセッサーによりコントロールされ、治療中でも操作パネルのスイッチを押すだけで最適な治療条件が設定できます。

超音波ヘッドの特性をマイクロプロセッサーが自動的に読み取り、1MHz、2MHz、3MHz、の3種類の振動周波数を安定して出力します。

アメリカで一番多く治療に使われているダイナトロンシリーズ

アメリカ合衆国では、超音波治療器として一番多くダイナトロンが使用されています。

ダイナトロン 709 ソラリス 仕様

メーカー希望小売価格 ¥2,100,000
電源 AC100V 50~60Hz 130VA
タイマー 1~99分
安全装置 最大出力電流を超えると自動的に出力電流が減じる。
寸法及び重量 130(H)×370(W)×330(D)mm 、3kg
機器の分類 クラスI、BF形機器
承認番号 21700BZY00454000
製造メーカー

東京医研株式会社

超音波治療

振動周波数 1MHz、2MHz、3MHz
変調周波数 100Hz
デューティサイクル 10%、20%、50%、連続
最大出力 2.0W/cm2
超音波ヘッド 5cm2(標準)、10cm2、2cm2(オプション)

コンビネーション治療(超音波ヘッドを電極とする)

「超音波治療」+ プリモジュレート治療
「超音波治療」+ ロシアン治療
「超音波治療」+ バイフェイジック治療
「超音波治療」+ マイクロカレント治療
「超音波治療」+ ハイボルト治療