トップアスリートも活用する『ハイボルテージ治療器』とは?

物理療法にはさまざまな種類が存在していますが、その中でも近年注目を集めている新しい電気療法が『ハイボルテージ治療』です。ハイボルテージ治療器という専用の物療機器を使用して行う治療のことで、その効果の高さからトップアスリートも活用していたりします。
そこで今回は、ハイボルテージ治療器にどのような効果や特徴があるのかなどについてご紹介いたします。

 

1. ハイボルテージ治療とは

物理療法にはいくつかの種類が存在しており、そのなかに電気刺激療法という施術があります。従来の電気刺激療法では、低周波治療器などを用いて皮膚の表面層に対して電気に
よる刺激を与え、その作用によって痛みやコリなどの症状を改善するということを目的としておりました。
しかし、血行やリンパの促進が主な効果ですので、怪我などの治療に関しては効果が見込めなかったのです。そこで登場したのが『ハイボルテージ治療』なのです。
ハイボルテージ治療は、皮膚の表面ではなく筋肉の深層部分へとアプローチするというのが最大の特徴でしょう。捻挫や肉離れなどの怪我の場合、皮膚表面へのアプローチでは改善がされません。しかしハイボルテージ治療における深層部分へのアプローチであれば、組織の回復効果に期待ができるため、これまでですと安静にして自然回復を待つだけ仕立てがなかった状態であっても、能動的に回復へと促すことが可能となったのです。
この効果はとても画期的で、一般の方だけに限らず怪我の早期回復がとくに望まれるアスリートの方に対して、非常に価値のある治療法となりました。怪我の初期段階で行うとより高い効果が得られるというのもメリットの一つです。

 

2. 対象となる症状

ハイボルテージ治療をすることによって改善が見込まれる症状ですが、代表的なものは以下の通りです。

2-1. 急性症状

まずはぎっくり腰や寝違えのような突如として発生する症状となります。いずれもこれまでですと原因すら不明確であったため、対処法としては患部に負荷をかけないように気をつけながら安静にすることしかできませんでした。しかし、ハイボルテージ治療によって、早期回復を促すことが可能となったのです。

2-2. スポーツ外傷

捻挫や肉離れなどがスポーツ外傷に該当する具体的な症状となります。肉離れというのは部分的に筋肉の一部が断裂してしまった状態のことで、捻挫というのは靭帯や腱の損傷による痛みや腫れが出る状態のことです。
いずれもできることとしては炎症を抑えるために湿布を貼ったりするということだけで、あとは安静しかありませんでしたが、ハイボルテージ治療によって早期回復に期待ができるようになったのです。

2-3. 神経症状や炎症

坐骨神経痛をはじめとする神経に関する症状などにおいても、これまでは安静にしておくことだけが対処法でした。しかし、電気の作用によって症状を軽減させたり回復を早めた
りすることが可能となったのです。神経痛は日常生活において支障をきたしやすい症状の一つでもあるので、お悩みの方にとっては非常に嬉しい変化と言えるでしょう。

 

3. ハイボルテージ治療の効果

怪我の早期回復を始めとするハイボルテージ治療の具体的な効果ですが、代表的なものとしては以下のものが挙げられます。

3-1. 痛みを和らげる

まず最も大きな効果としては痛みを和らげるという効果となります。従来の電気刺激療法と違い、高電圧によって皮膚への影響が少なく深層部分へと届けられるため、施術の最中
に感じる痛みに関しても抑えられるというのが特徴です。従来の電気療法ではどうすることもできなかった症状に対しても作用するため、治療の幅が広がりました。

3-2. 血流を促進する

怪我をすることによって、筋肉の収縮や痛みをかばうために筋肉が緊張してしまうことがありますが、その結果血管が圧迫されてしまい血液の流れが悪くなってしまいます。血液
と一緒に栄養などが運ばれるため、正常に戻すことが大切です。ハイボルテージ治療では血行を促進する効果に期待ができるのです。

3-3. 神経を落ち着かせる

ハイボルテージ治療器には周波数のコントロール機能が備わっています。神経症状が出ているときには神経が炎症を起こしていたりしますので、症状にあった周波数にセットすることによって神経を落ち着かせることが可能となるのです。その結果、神経症状が緩和されるというわけです。

 

4. ハイボルテージ治療器の特徴

ハイボルテージ治療機の特徴ですが、その名の通り電圧が高いということがまず挙げられます。単に電圧が高いということではなく、高電圧であることによって筋肉の深層部分に対してアプローチが可能となっているのです。従来の電気刺激療法ではあくまでも表面に対して作用させることしかできませんでしたので、より踏み込んだ治療ができるようになっています。
また、痛みを早いタイミングで和らげることが可能となります。鎮痛剤でも同じ効果を狙うことが可能ですが、薬の場合にはどうしても副作用という問題があるのです。しかし、ハイボルテージ治療器による治療であれば、副作用はありません。どなたでも安心して素早く痛みを和らげることが可能となったのです。
また、ハイボルテージ治療器単体だけでなく、超音波と組み合わせて使用することでより高い効果を発揮するでしょう。超音波は音波による振動によって患部を温めることが可能です。温まった患部に対して高電圧による作用をプラスすることで、相乗効果を発揮することになるというわけです。とくに足の捻挫などに対して効果的でしょう。

 

5. まとめ

これまで安静にしているしかなかった捻挫や肉離れなどの症状に対して、早急に改善が見込める手段として期待されているのがハイボルテージ治療器による効果となります。アスリートだけでなく、多くの方に対して高い効果を発揮するものですので、ぜひ導入してみてください。「ヒラタメディカル株式会社」では、機器の購入や相談など承っておりますので、お気軽にご相談ください。