3月7日 ポータブルエコーSONON300Lのデモンストレーションをさせて頂きました。

3月7日  東京都内の整骨院様で超音波観察装置:ポータブルエコーSONON300Lをデモンストレーションさせて頂きました。某請求団体の先生方の間でもエコーの導入を推進する話が最近多く聞かれます。学校でも授業のカリキュラムとして取り入れられ今後も益々その需要が見込まれています。

タブレットへWi-Fiで接続

プローブ本体とモバイル

カラードップラー機能搭載

被災地や海や山での遭難時での使用を想定して開発されておりプローブ本体にWi-Hi機能がありどんな環境下でもタブレットやモバイルとの接続がすぐにでき画像もそのままメール送信することも可能で多少の雨風、砂塵などの環境での使用可能なスペックを搭載した次世代のエコーと言えるでしょう!