コンテンツ

フォルティア 

「表層部への刺激」「深層部への刺激」「温熱刺激」
単独と組み合わせで7つの治療を実現

 

低周波治療と中周波治療
そして温熱治療の機能を併せ持つ治療器。
治療モードは単独でも組み合わせでも可能にし、合わせて

7種類もの多彩な治療モードを実現。
コンパクトながらもハイスペックな治療器が誕生しました。

療の幅が広がる4種類の周波数モードと1/fゆらぎ

 

患者様の症状にあわせて通電モードが選べます。高頻度は即効性効果、低頻度は持続性の効果があります。
自然界のリズム「1/fゆらぎ」を取り入れました。

省スペース、多チャンネル仕様

延長ボックスがあることで、本体1台で対応が可能となり、ベッドをつけられるのでさらにスペースが生まれます。

新開発フレアパッド導子

冷感緩和機能付きの導子で不快な冷たさを感じさせません。またフレアパッドを各チャンネル毎に色分けすることで分かりやすく治療を施せます。

フィット感抜群の柔らかさ。導子がより薄く柔らかくなり、患部にフィットしやすい設計に

清潔に保てる一体構造。導電スポンジが取り外し可能。丸洗いできるため、治療毎の交換などで雑菌繁殖を防ぎます。

フォルティア PH-F5200 仕様

メーカー希望小売価格 ¥2,730,000
型式 PH-F5200
一般的名称 低周波治療器・乾式ホットパック装置組合せ理学療法機器
(JMDNコード:70627000)
分類 管理医療機器 特定保守管理医療機器
電源電圧 AC100 V 50/60 Hz
消費電力 200VA
寸法 420(W)×1297(H)×397(D) mm
質量 36kg
出力電圧 スクウェアウェーブ:160Vp-p [500Ω負荷時]
バーストウェーブ:150Vp-p [500Ω負荷時]
出力電流 スクウェアウェーブ:37mArms [500Ω負荷時]
バーストウェーブ:60mArms [500Ω負荷時]
出力波形 双方向性パルス幅可変対称波、
バースト波(パルス幅 2ms固定)
周波数 スクウェアウェーブ:1~500pps
バーストウェーブ:1~200pps
周波数モード MIX、LO、HI、CYC、1/f
通電時間 1~9 秒、1~9サイクル
出力パルス幅 50 、100 、200 、300μsec
バースト周波数 ハード:2.5kHz 、ソフト:5kH
出力切替 本体/延長ボックス
温熱レベル調整 0(OFF)、L、1~7(9 段階)
治療時間 1~30 分
ホットパック温度 75 ℃以下
モニター 電圧レベルメーター(240Vp-p)
電流レベルメーター(120mAp-p)
出力数 4CH×2ユニット
その他 設定値バックアップ
安全装置 オートゼロスタート、オートロック、キーロック
電撃保護形式 クラスⅠ機器、BF形装着部(アイコン )を持つ機器
認証番号 224AIBZX00063000
耐用期間 8年
電磁両立性(EMC) IEC 60601-1-2 Ed.2:2001に適合
使用環境 周囲温度 10 ~40℃、
相対湿度 30~75 %、
気圧 700~1060hPa
製造メーカー 株式会社日本メディックス