コンテンツ

ショックマスター

日本で認められた唯一の圧力波治療器※

 

世界65カ国、そしてリハビリテーション先進国の欧州にて、その効果を認められた拡散ショックウェーブ(圧力波)治療器が、ついに日本上陸。 この圧力波療法がこれからの日本のリハビリテーション、トップアスリートのコンディショニングサポートに新しい未来を拓いていきます。

この新しい圧力波エネルギーが、あなたと患者様への新しい力になる。

疼痛コントロール

皮膚への触圧覚刺激及び関節構成体への機械的刺激により、ゲートコントロール理論が作用し、痛覚神経線維のインパルスが抑制され、痛みが軽減されます。また、痛みの軽減により、反射性筋収縮の改善にも役立ちます。

血液循環改善

疼痛緩和に加えて、圧力波と振動を同時出力するショックマスターは血液循環改善に優れ、微小循環改善にも役立ちます。

筋緊張緩和

圧力波による触圧覚受容器への刺激によって、α運動ニューロンに対して抑制的に作用し、筋緊張を低下させ、関節可動域運動や関節モビライゼーションなどを施術しやすくなります。 

トッププロのコンディションを支えるショックマスター。

疼痛緩和・筋疲労回復

圧力波療法の有効性は、長期の慢性的な筋や腱の機能改善において実証されており、近年の事例とスポーツトレーナーによって様々なスポーツの障害の改善に結果を表しています。

パフォーマンスアップ

トレーニングによる腱にかかる負担を軽減させ、疼痛緩和・筋疲労の回復に加えて、リラクゼーション効果によって選手のパフォーマンスアップに大きく貢献します。

早期回復

受傷後のトレーニングで従来必要とされた休養期間を短縮し、選手の素早い現場復帰、ケガの早期回復に役立ちます。

圧力波の原理

 

コンプレッサーにより発生させた圧縮空気をパルス状に開放させ、ピストンが衝撃体にぶつかることで圧力波を生み出しています。

ニュートンのゆりかご

圧力波が伝わるしくみは、「ニュートンのゆりかご」に例えられます。1 つの金属球を引っぱって離すと、その球は静止した球へ向かって衝突して静止します。この瞬間、球がぶつかったのと逆側の球は、最初の球と同じ速さで弧を描いて飛んでいきます。ショックマスターのピストンはこのエネルギーを伝える静止した球の役割を果たし、圧力波を発生させます。

3ステップの基本治療

様々な部位に効果を発揮

首から足底まで、ショックマスターの治療部位は全身におよびます。 ショックマスターによる圧力波療法は外科的手術が必要とされた患者様へのもう一つの新しい選択肢となっています。

 

ショックマスター 仕様

本体+ 標準付属品セット希望小売価格

5,280,000 円(税別)

医療機器承認番号

22700BZX00105000

定格電圧

AC100 V

電源入力

200VA 以下

定格周波数

50/60Hz

本体寸法

W56 × H114 × D60(cm) ※ カート部を含む

本 体 重 量

12kg ※ カート部を除く重量

製造メーカー

酒井医療株式会社

商品詳細

詳しい商品詳細はこちら